Hubert Klink
Hubert Klinkインタビュー:ヒューバート・クリンク氏 – 本社特殊用途用機械の責任者
 

1/5

クリンクさん、簡単に自己紹介お願いします。

Hubert Klink

私は1990年からKERN-LIEBERS社に勤務し、2003年から専用機を率いています。私の業務は、生産プロセス用の専用機械および装置の設計と実装、関連するプロセスの検証、生産への引き渡し、サービス、およびメンテナンスであり、その責任者です。また、生産の移転や拡張など、新しい場所での生産がスムーズに行われるようにするプロジェクトや、生産、計画、品質保証に関する従業員のトレーニングにも関わっています。

 

2/5

KERN-LIEBERS社の特殊用途用機械技術部門の役割とは何ですか?

Hubert Klink

ここシュランベルクのエンジニア、技術者、専門家のチームは、スプリングがスタンピングされるスプリングの製造ラインから、スプリングと他部品との組立て、およびそれらのテストに使用される装置まで、すべての生産装置を設計・製造しています。また、計画部門および子会社と緊密に連携して、特定のスプリングに最適な生産リソースを定義し、現場での生産プロセスを継続的に最適化します。スペシャリストは、100%検査用の画像処理システムなどの生産に伴う工程内対策を使用して、継続的にプロセスを保証することに取り組んでいます。私たちはこれらの開発に細心の注意を払い、追跡し、将来に問題なく使用できることを確認しています。

 

3/5

業務の中での重要なポイント・焦点は何ですか?

Hubert Klink

焦点は、設計、組み立て、プログラミング、試運転、および専用機と自動化ソリューションのサービスとメンテナンスです。当社の高度な標準化とグローバルネットワーキングにより、世界中で部品を調達することが可能になります。現在、ロボット工学、画像処理、インラインプロセス保証、デジタル化のトレンド分野でアプリケーションが大幅に増加しています。KERN-LIEBERSグループ内で取得したノウハウを当社の拠点にマッピング、開発、および移転することは、競争上の重要なメリットとなります。

 

4/5

特別な課題は、世界のKERN-LIEBERS各企業への世界的なサポートです。

Hubert Klink

私たちはいつでも準備ができています。どこかで問題が発生した場合、すぐにリモートアクセスできるため、トラブルシューティングで可能な限り最高のサポートをその場所に提供し、生産を可能な限り迅速に継続できるようにします。特にここ数ヶ月 -コロナ禍- は、リモートメンテナンスは私たちにとって大きな助けになりました。

 

5/5

将来の目標は何でしょう?

Hubert Klink

目標は非常に明確です。機械と設備の自動化とネットワーク化を推進し続け、製造の生産性を高め、プロセスの信頼性を高め、これらの分野での能力をさらに拡大することです。システムの複雑さは常に高まっています。ですから、私自身、若い才能を奨励することが重要です。私たちの国の人口動態の傾向を背景に、会社にいる優秀な若い才能を維持し、彼らの可能性を伸ばすのを支援することは私にとって重要です。デュアルスタディプログラムの一環として毎年多くの学生をトレーニングしており、実践的なトレーニングに重点を置いています。つまり、彼らは最初から当社の製品と密接な関係にあります。私の部署の多くの若者とさらなるトレーニングを実施していることで、私たちの年配のスタッフも「時代の現況を把握しています」。