KERN-LIEBERS はテクノロジーと共に成長します

07.10.2021

KERN-LIEBERS社は、今日このようにグローバル化した世の中でも、シュランベルグの機械工学部門で一元的に機械や設備の設計・製造を継続するのはなぜですか?

グローバルな競争では、何よりも重要なのは生産性です。生産性を高いレベルで継続的に維持・向上させるためには、生産設備が重要な役割を果たします。KERN-LIEBERS社は、早い段階でMAXIMOパワースプリングを製造するための機械を開発しました。 MAXIMOは最大の力を表します。つまり、可能な限り最小の設置スペースで最大のばね力を実現するにはどうすればよいですか?いわゆる「MAXIMO機械」は、1970年代には早くも電子制御技術を搭載していました。今日、未来志向で前向きな考え方は、エンジニアや技術者が生産設備を継続的に開発し、デジタル化を推進するきっかけにもなっています。何年もの間、強力なオンラインツールが、メンテナンス、サービス、およびエラー分析のプロセスをリンクしてきました。当社のエンジニアは、インターネットを介して世界中すべての機械にリモートアクセスできるため、ダウンタイムを回避し、サービスコストを削減できます。これが、世界中のスプリングの生産に標準化された機器・利用可能な最高の技術に継続的にアップグレードされている機器を使用し、この機器を一元的に調整することが重要であると考える理由の1つです。継続的な開発のために、機械工学部門も熟練労働者のノウハウを活用し、その観察と提案は継続的な改善プロセスに組み込まれています。

最新の機械により、お客様が期待する高レベルの品質ですべてのお客様の要件を満たすように設計された、スムーズで安全かつ柔軟な製造プロセスを保証します。

« もどる
KERN-LIEBERSはテクノロジーと共に成長します